NITABOHロゴ
最新情報のページへ ストーリーのページへ メイキングのページ スタッフ/キャストのページへ 上映情報のページへ
NITABOHトップページ / メイキング / アニメはここから生まれている〜「NITABOH」制作現場〜
今日は、アニメ映画「NITABOH」の製作現場である、高円寺アニメスタジオの様子を紹介します。約20坪ほどの広さの部屋の中には、作画に必要な資料や画材が山積み。
この混沌とした空間から、あの「NITABOH」の世界が生まれていくのだと思うと、とても感慨深い。 鉛筆で描かれた原画、色付けされたもの、背景画。それぞれのパーツが合わさって、「NITABOH」が出来上がっていく。
スタジオの中は、スタッフ一人一人にブースが仕切られ、そこは各自、たった一人の創造の空間となっている。机の上には皆、それぞれにお気に入りのグッズを並べ、居心地の良い環境をつくっている(仕事もはかどる?)。この机に向かい、夜を徹して作画のペンを走らせる。という訳で、ここではお昼に会っても挨拶は「おはようございます!」なのだった。
今はアニメ製作の流れの中では、「全体のレイアウトを作っている段階」と、アニメーション監督の高岡氏。
各カットごとに絵を決定し、それぞれの背景画との組み合わせも決定。そして全体の構成を作り上げていく。
今日はその一部を見せてもらえた。背景画がとても美しい。聞けば、これらの絵は『もののけ姫』で背景を担当したスタッフによるものとのこと。この仕上がりにも納得!!
 
Copyright(C)株式会社ワオ・コーポレーション ALL rights reserved.